長崎ちゃんぽん

小川屋の長崎ちゃんぽん

長崎名物「ちゃんぽん」

ちゃんぽんの語源について、いろいろ説がありますが…

長崎では色々混ぜることを、ちゃんぽんと言います。

ちゃんぽんは福建料理をベースとした長崎生まれの名物料理です。

明治時代中期、長崎市にある中華料理店「四海楼」の

初代店主・陳平順さんが、中国(清国)から来た留学生のために、

安くて美味しい栄養満点のものはないかと考案したのが

長崎ちゃんぽんの誕生のきっかけだったそうです。

中華料理は一般的に鶏がらスープらしいのですが、栄養を考えられてか
豚骨もプラス。

肉・魚介・かまぼこ・野菜などあらゆる食材をラードで炒め、

麺とスープを一緒に煮込みます。

どんぶり一杯で、すべてがまかなえる理想的な料理こそ

長崎ちゃんぽん

長崎県内では季節にかかわらず普段、自宅でもよく食べる家庭料理です。

当社の商品はこちら